心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

仕事を辞めて、頑なに「心の声」に従い続けたら何が起きたか?① 〜ビビリの僕が心の声に従うまで編〜

f:id:tatsunori-matsuda:20170721153811j:plain



昨日の夜に自分的には

すごいインスピレーションが湧いてきて、

 

なんかもう色々つながっちゃって、

深夜2時頃に一人でテンションマックスになってました。笑

 

 

それと同時にいろんなことが腑に落ちて、

パズルのピースが全てつながった感じ。

 

特別なことではなくて、

今まで知っていたこと学んだことが、

 

「自分の身に起こった」

 

という感じ。

 

 

で、ここまで至るまでの経緯を話そうと思います。

個人的な葛藤も含めて。

 

結構恥ずかしいものもあるけど。笑

 

 

 

僕は4月頭に前の仕事を退職した時点で

 

これだけは絶対に護ろう

 

と固い決意で決めていたことがある。

それは、

 

 

心の声に従う

 

 

ということ。

 

ほんとにもうこれだけは譲れなくて、

もう自分のやりたいことしかやらない、と決めていた。

 

 

なんでそこまで固い決意をしてたかって言うと、

ずっと心の声を無視し続けてきて、苦しんできたから。

 

葛藤の多い社会人生活を続けてきて、散々自分を責めてきた。

 

できない自分

やれない自分

頑張れない自分

 

をどれだけ否定してきたか。

 

 

笑えるくらいおんなじこと繰り返して、

笑えるくらい毎回凹んでた。笑

 

なんかねー、自分の抱えてた苦しみとか

気づきをシェアしようとかも考えたんだけど、

驚くほど同じこと繰り返してて、

 

学びや気づきはそんなになかった。笑

シェアできるほどのものがなかった。爆

 

いま自分の人生を振り返って映像で見たら

「さっさと進歩しろよ」って言うと思う。笑

 

 

でも、真理を追究する氣持ちはずっと消えず、

ひたすら、

 

「普遍的な答え」

「普遍的な仕組み」

「原理原則」

 

を探求し続けてきた。

 

そのプロセスでは、

スピリチュアルなことだけでなく、

 

心理学

脳科学

占星術

風水

宗教

神話

陰謀論

食事

農業

マーケティング

ブランディング

ライティング

ネットビジネス

 

など、たくさんの垣根を越えて

 

真理

 

を探求してきた。

あらゆる角度から、あらゆる場所から、真理の影を追った。

 

 

こっちは超成長したし、進化したと思う。

 

真理をわかりやすく言葉にすること

しっかりとロジックと根拠を持って伝えること

仕組みや原理、働きを言語化すること

 

ここらへんについては、

 

ぶっちゃけ自分より

上手に話せる人を

そう見たことがない。

 

 

ちょっと調子乗りすぎた。

おっけー、そんな僕もいい感じ。

 

I Love Myself!!

We Love Motherlake BIWAKO!!

滋賀県民頼むからわかってくれ!!

 

 

そんな感じで真理を探求していく中で

 

心の声に従うことが全て

 

だってことに氣づいたんだよね。

 

これが唯一にして最高の氣付きだった。

 

言い方はなんでもいい。

 

内なる衝動

ワクワク

至福

ヴォイス

心地よさ

使命

ミッション

 

そういった自分の中にある

衝動に従うことだと思った。

 

 

それが確信に変わったのが2年前。

 

でも、僕はそれに氣づいてからも

2年間、自分の心の声を無視し続けた。笑

 

 

おおおおい!!!

 

氣付いたんなら心の声に従わんかい、おのれ!!!

アホ!バカ!!おたんこなす!!!

 

 

って、

いま自分の人生を映像で見たら言うと思う。

 

 

そんな感じで、従うべきものが見えたにも関わらず、

ずっと見て見ないふりしてきたんだよね。

 

それはもう苦しかった。

しんどかったなー。

 

氣づく前よりずっとしんどかった。

 

 

やりたいことはなかったことにした。

どうせ今はやれないと思い込んでいたから。

 

楽しいことも楽しめなかった。

責任と役割を果たすことが先だと思っていたから。

 

好きなことをやる余裕もなかった。

心と体のケアで精一杯だったから。

 

 

ずっと自分で自分を苦しめ続けてたんだよね〜。

 

「バカなのか?」

「バカかよ!?」

「バカだろ!!」

 

の三段活用ですよ。笑

 

結局、

 

 

 

怖かっただけなんだよねー。

ビビリだった。

 

 

詳しい事情は省くけど、

僕にとって仕事を辞めることは、

 

約束を破ること

 

であり、

 

義理や恩に背く行為

 

だったんだよね。

 

 

そりゃあもう、全力で怖かった。

だから、ずっと心の声を無視し続けたんだよね。

 

 

だけど、コップに一滴ずつ注がれるしずくは、

やがてコップからあふれ出す。

 

元々、たくさんの悩みや問題を抱えていて、

でも怖くても勇氣を出して、新しいチャレンジをして、

 

どんどん自由になっていく人

どんどん本音で自分らしくなっていく人

どんどん毎日を楽しんでいく人

 

そんな人たちを指をくわえて見てることしか

できなかった自分が悔しかった。

 

 

自 分 に だ っ て で き る は ず

 

 

その声がもうずっと聞こえてた。

四六時中頭から消えないくらいに。

 

恥ずかしいくらいの負け惜しみだった。

 

やってもいない自分を棚に上げ、

勇氣を出して変わっていく周りの人を、

 

 

「あれくらい自分にもできる」

 

 

って余裕ぶってた。

 

 

今すぐあの頃に戻って、そのすまし顔に

ドロップキックをかましてやりたい。

 

余裕ぶったすまし顔の奥にある

ビビリまくったチワワフェイスを

つねってやりたい。

 

ほんとにビビってたし、

余裕ぶってたし、

自分は大丈夫だと言い聞かせてた。

 

 

そんなこんなでついに

心の声を無視できなくなった僕は、

 

親友や大事な人の力を借りて、

心を最大限に奮い立たせて、勇氣を出した。

(本当にありがたい。一人じゃ本当に無理だった)

 

 

全部書いてたら本当にフザけて長くなりすぎるから、

詳細は省くんだけど、


それからもいろんなことがあり、

なんだかんだたくさんの応援をもらって

仕事を退職して自分の人生をスタートさせた。

 

だから

 

もう自分の心には嘘をつきたくない

 

んだよね。

 

シンプルに6年間働き通してきて、

休養とか英気を養うって意味もあったけど、

 

本当に自分の心に従う人生を生きたかった。

 

だから、この3ヶ月間は徹底して、

 

心が動くことしかやらなかった

 

んだよね。

 

 

あー、結局この3ヶ月のことが1秒も進んでない。笑

これ、次回に続けます。連載します。

 

 

「仕事を辞めて、頑なに「心の声」に従い続けたら何が起きたか?」

 

 

興味がある方は楽しみにしといて〜♪

リアルタイムで実況を知りたい人は、LINE@にも登録しといてね。^^

 

友だち追加

 

連載中の続きはこちら♪

 


 

では!