Truth Fragments

真理のカケラ

勇氣を出すポイントの「見つけ方」と「出し方」

f:id:tatsunori-matsuda:20170807184016p:plain

 

 

松田さんは向き合うべきところ、勇気を出すところはここだってその都度感じるんですか?

 

私はここが滞ってるってわかっているけどどんなふうに勇気を出すのか分からなかったりする事が多く、進んでいかないなぁと感じます

 

それともきちんと向き合っていればおのずとわかるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

うむうむ。

 

これもよく分かるぞ。

 

 

 

しかーーーーーし!!!

 

 

 

誰でもとても

簡単に分かります。^^

 

 

 

ということで、せっかくなので、

 

勇氣を出すポイントの

「見つけ方」と「出し方」

 

ってテーマで書いてきます♪♪

 

 

 

そもそもの大前提、

いっっっちばんスタートの話なんだけど、

 

人は、

 

やりたいことをやってるとき

本音で生きてるとき

心の声に従っているとき

自然体の自分で在るとき

 

は、

 

とても充実して

幸せを感じます!

 

 

もちろん、

 

やりたいことしてても

失敗することあるし、

 

本音で生きてても

すれ違いがあったりするし、

 

心の声に従っていても

停滞するときもあるし、

 

自然体の自分でいても

退屈するときもある。

 

 

でも、それも含めて

自分が一番選びたい道を選んでるので、

 

楽しいし

心地いいし

後悔がない

 

んだよね。

失敗も、退屈も、落ち込むことも、楽しめる。

 

 

さらに言えば、この状態が一番、

 

自分だけの才能

自分だけの魅力

自分だけの輝き

 

を発揮できる状態であり、

つまり、

 

仕事のパフォーマンスも上がり、

人間関係もうまくいきやすく、

心身ともに健康でいられ、

豊かさを受け取りやすい

 

という、絵に描いた理想の

ような状態なわけです。

 

人生の充実度が高い人

幸福度が高い人

愛や情熱が大きい人

 

はこういう生き方をしている人が多い。

 

(ビジネスの成功やお金だけで見ると、

恐怖心でバリバリ稼ぐ人もいるけど、

そういう人は大体、心が満たされていない)

 

 

で、雑だけどシンプルに言えば、

 

心の声に従っていれば

全てうまくいく

 

ということなのです。

(心の声の判別方法はこっちを読んでね。)

 

 

つ ま り ! !

 

 

ここからが質問の回答になるんだけど、

 

心の声に従えない理由

 

の方に、

 

勇氣を出すポイント

 

があるのです!!

 

  

例えば、

 

やりたいこと

やめたいこと

 

があって、

 

やりたいのにやれない理由

やめたいのにやれない理由

 

が、

 

私にはできないから

周りに迷惑をかけてしまうから

親から反対されるから

怒られるから

失敗したら恥ずかしいから

私なんて愛されないから

罪悪感が湧いてくるから

嫌われたら怖いから

パートナーが離れていくかもしれないから

自分だけわがままみたいで周りに悪いから

自分一人でやっていける氣がしないから

子どもの面倒を見なきゃいけないから

生活ができなくなるから

お金がなくなるのが怖いから

どうせうまくいかないから

 

といういろんな、

 

それができない理由

それをするのが怖い理由

 

が出てきたら、

ここが、

 

勇氣を出すポイント

 

です。

 

 

本当の自分が

求めていること

 

でもそれが怖くて

できないところ

 

そこが、

 

勇氣を出すポイント

 

だ!!笑

 

 

で、

 

それができない理由

それをするのが怖い理由

 

の裏には、

 

ジャッジ

否定的な価値観

怖れ

自分に×をつける

 

が隠れています。

 

「〜してはいけない。

そうじゃないと大変なことになる!」

 

「〜するべきだ。

そうじゃないと大変なことになる!!」

 

というやつです。

 

 

こういう怖れに基づいた

価値観やジャッジや×を、

 

「それをしてもいいよ」

「それをしても大丈夫だよ」

 

って、自分に許していけると、

 

どんどん軽く

どんどん明るく

どんどん楽しく

どんどん寛容に

どんどんゆるく

どんどん優しく

 

自然となっていく。

 

 

この自然と、っていうのが超良くて、

 

自分に許せていること

許可できていること

 

の範囲が広ければ広いほど、

自分も他人も解放してやれる。

 

 

ここで、

 

自分に許可を出すコツ

怖れを乗り越えて

勇氣を出すコツ

 

は、

 

最悪の事態を

受け入れること

 

です。

これ超大事。

 

怖れていることになっても

最悪の事態がやってきても

 

それでも大丈夫!

なんとかなる!

なるようになる!

 

って受け入れること。

 

 

嫌われてもいい

損してもいい

人が離れていってもいい

今の生活が維持できなくてもいい

誤解されてもいい

笑われてもいい

パートナーに失望されてもいい

ガッカリされてもいい

裏切り者だと思われてもいい

あいつ寒いよなって思われてもいい

お客さんが離れていってもいい

あの人大したことなかったよねと思われてもいい

失望されてもいい

怒られてもいい

 

と受け入れられるか。

それが受け入れられれば、

 

やりたいことをやることを

自分に許可できる

 

怖れがあっても

勇氣を出して挑戦できる

 

ようになるよ。

 

  

僕の場合だと、仕事を辞める前は、

 

【心の声】

仕事をやめて自分で

真理を伝えていきたい

 

【ジャッジ・怖れ】

仕事を辞めるのは約束を

破ることであり、

義理に反するんじゃないか

 

【受け入れること】

最悪、怒られてもモメても大丈夫!

最悪、不義理だとしても

それでもやりたいことやる!

 

 

って感じで、

仕事を辞めてからは、

 

 

【心の声】

お金のための仕事はしたくない

自分のやりたい仕事で稼ぎたい

 

【ジャッジ・怖れ】

生きていけないんじゃないか?

 

【受け入れること】

最悪、うまくいかなかったら

生活のために働きながら

やりたいことで稼ぐ土台を作っていく

 

 

って感じ。

ということでまとめると、

 

 

①心の声を聞く

 

やりたいこと

やりたくないこと

本音

 

を感じる。

 

リラックスしている状態

安心している状態

心身が整っている状態

 

だと感じやすい。

そうでない場合は、

 

ストレス解消のための

 

代償行為

 

を求めちゃうからね。

 

 

②心の声に従えない理由を考える

 

やりたいのにやれないのはなぜ?

やめたいのにやめれないのはなぜ?

 

 

③最悪の事態を受け入れて許可を出す

 

やりたいことをやって起きる最悪の事態は?

その時はどうする?

 

やめたいことをやめて起きる最悪の事態は?

その時はどうする?

 

応援してくれる仲間に相談する

不安なこと怖いことを書き出す

 

などして最悪の事態に対する

怖れを小さくしよう!

 

 

④勇氣出してチャレンジ!

 

覚悟ができたら実行あるのみ!

勢いも大事!

 

 

⑤より自然体の自分に近づく

 

結果がどうあれ、

勇氣を出す前の自分より、

自然体の自分に近づく。

 

前よりやりたいことをやれている自分

前よりやりたくないことを手放せている自分

 

になれているはず。

 

そして一度、勇氣を出せれば

二度目は前より簡単!

 

どんどん「心の声」に従って、

 

より軽く

より楽しく

より情熱的に

 

生きていこう♪

 

 

という感じですな〜〜〜〜〜!!

関連記事で読んで欲しいのはこれ。

 

  

 

 

今日はこの辺で。^^

 

勇氣を出した結果報告はぜひ

LINE@で送ってね♪♪

 

友だち追加

 

ではでは♪♪