心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

男性と女性の「本質」の違いを知ると、力を発揮しやすくなるよ。

f:id:tatsunori-matsuda:20170609114537j:plain

 

男性は「自分」のために生きるとうまくいかない。

「他人」のために生きるとうまくいく。

 

女性は「他人」のために生きるとうまくいかない。

「自分」のために生きるとうまくいく。

 

 

男性は自分のために生きると、支配が強くなりやすく、エゴが暴走しやすい。

なぜなら、男性は「力」を「認められたい」から。

 

女性は他人のために生きると、依存が強くなりやすく、重くなりやすい。

なぜなら、女性は「存在」を「愛されたい」から。

 

 

男性は、認められたいから、「挫折」「失敗」を怖れる。

認められたいから、力ある人を見て「競走」する。

 

女性は、愛されたいから、「拒否」「拒絶」を怖れる。

愛されたいから、愛されている人を見て「嫉妬」する。

 

 

男性が他人のために生きると、「力」で他人を笑顔にできる喜びを知る。

本質は「ヒーロー」

 

女性が自分のために生きると、「存在」で他人を笑顔にできる喜びを知る。

本質は「女神」

 

 

男性は、頑張りたい。冒険したい。

今ここにない「成果」を手に入れたい。

 

女性は、癒したい。育てたい。

今ここにある「幸せ」を感じたい。

 

 

男性は、女性が笑顔でいてくれるだけで幸せ。

成熟した男性は、女性に「存在価値の大きさ」を気づかせる。

(あなたがいてくれるだけでいいんだよ)

 

女性は、男性が愛してくれて幸せ。

成熟した女性は、男性に「力の大きさ」を気づかせる。

(あなたは素晴らしい力を持っているんだよ)

 

 

男性は、1つのことに集中する。細分化して整理する。

だから、熱中する。

 

女性は、全体を俯瞰する。統合して拡大する。

だから、調和する。

 

 

男性は論理的。男性の会話は情報伝達。

結論を知りたい。

 

女性は感情的。女性の会話はコミュニケーション。

過程を楽しみたい。

 

 

「男の子」は自分が「認められる」ために力を使う。

「男性」は大切な人を「守る」ために力を使う。

「ヒーロー」は「使命を果たす」ために力を使う。

 

「女の子」は自分が「愛される」ために愛を使う。

「女性」は大切な人を「育てる」ために愛を使う。

「女神」は「使命を果たす」ために愛を使う。

 

 

男性は「死」に向かう力。命を使う力。

 

女性は「生」を生み出す力。命を育む力。

 

 

 

わかりやすさ重視で男性と女性に分けて書いたけど、

 

「男性性が強い人」

「女性性が強い人」

 

という言い方の方が正確です。

男性でも女性性が強い人がいるし、女性でも男性性が強い人もいます。

 

男性性と女性性の本質的な違いを知ると、自分や他人を責めることが減るよ。

自分の性質を知って、力を発揮しやすくなるよ。

 

終わり♪

 

 

 

LINE@でもメッセージを好評配信中。^^

質問やリクエストにもお答えしています。

より自分らしく、自然調和的にステージを上げたい方はぜひ友達追加を♪♪

 

友だち追加