読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の正体ってこれ。怖れの正体ってこれ

心の仕組み

f:id:tatsunori-matsuda:20160829004042j:plain

 

人生をより楽しく生きる、豊かに生きる、幸せに生きる、喜んで生きる、ワクワクして生きる、っていうことは、誰にでもできて、科学的、論理的に明確な方法がある。

 

同じように、悲しみを減らす、苦しみを減らす、痛みを減らす、辛さを手放す、不幸せを手放す、っていうことも、誰にでもできて、科学的、論理的に明確な方法がある。

 

……っていうと、超ワクワクしない?笑

 

僕は超ワクワクする。爆

 

それで、そういうことが大好きで日々そんなことばっかり考えたり、調べたり、実験したり、研究したりしてるんだよね。オタク。笑

青春時代はゲームに人生捧げてた。笑 オタク。笑 どんまい。笑

 

で、幸せに生きるためにはどうすればいいか?

の答えなんだけど、

 

愛に生きる

 

ってこと。

逆に不幸な人は、

 

怖れに生きる

 

ってことをしてる。

で、これをいろんな言葉で言うと、

 

愛に生きる

安心感が増す

一体感が増す

全てはひとつ

波動が上がる

意識が上がる

エネルギーが上がる

純粋になる

繊細になる

ポジティブ

明るくなる

肯定する

解放する

軽くなる

自分を大切にする

循環する

 

となります。

反対は、

 

怖れに生きる

不安感が増す

分離感が増す

私は独り

波動が下がる

意識が下がる

エネルギーが下がる

不純になる

粗雑になる

ネガティブ

暗くなる

否定する

閉じ込める

重くなる

自分を粗末にする

停滞する

 

という感じ。

こういう尺度をいろんな人が、

 

波動が高い低い

自己愛が強い弱い

意識が高い低い

セルフイメージが高い低い

エネルギーが高い低い

 

って、自分の言葉で説明したりしてるんだよね。

(このブログでは「エネルギーが高い低い」って言葉で表現します)

 

で、エネルギーを上げる方法は超シンプルで、ひとつひとつ愛の選択をしていくこと。

 

具体的な行動を挙げると、

 

・他人に合わせるんじゃなくて、自分の心地よさを追求する

・他人を見てジャッジしたり、否定するのをやめる

・愛されるために尽くすのをやめる

・認められるために頑張るのをやめる

・他人を心配するのをやめる

・人を応援する

・いいこと、嬉しいことは周りの人にシェアする

・たくさん笑う

・親との関係を解消する(両親との関係が人間関係の土台)

・より自然に近い食べ物を食べる(食べ物は自然に近ければ近いほど波動が高い)

・良い水を飲む(浄水器やウォータサーバーなど工夫する)

・愛ある人、純粋な人、ポジティブな人と付き合う。怖れが強い人、ネガティブな人とは一定の距離をとる

・愛や高いエネルギーが込められた作品に多く触れる(音楽、舞台、絵などあらゆるもの)

・日光浴、月光浴、森林浴、土に触れるなど自然と触れる時間を持つ

・衣服や住居は常に清潔にしておく

・余計なものは持ちすぎない。断捨離する

 

こういうこと。

こういう行動は、物理的に波動や意識と呼ばれるものを上げてくれることがわかってる。

 

あと、こっちにも詳しく書いてるからぜひ参考にしてみて。

最後にも貼っておきます。

 


これは別に青字で書いた方が悪いとかダメってわけじゃなくて、ただ両極があるっていうだけ。

人間不安を知らないと愛がわからないし、やりたくないことが分からないとやりたいことも分からないものだからね。

 

痛みや不安やネガティブなものにも大きな価値がある。

もし、ネガティブなものを否定したり、ダメだってジャッジしてたら、それもネガティブな行為だから気をつけて。笑

 

どんどんエネルギーが上がっていくと、人間関係も喜びが増えて、仕事での感動も増えて、遊びもどんどん楽しくなって、心身も健康になって、受け取るお金も増えたりして、いいことづくめ。

 

どうしてそうなるかと言うと、エネルギーが上がれば上がるほど、そのエネルギーがいろんな豊かさ(お金、ご縁、チャンス、喜び)に変換されて循環してくるからだよ。

 

だから、エネルギーを上げることが大事なんだよね。

 

最初も言ったけど、これの何がワクワクするかって、こういう仕組みや原理が明確に働いていて、誰でも幸せになれるってこと。

だから、どれだけ今が苦しくても望み通りになっていなくても、絶対大丈夫なのだ♪

 

僕はそういうことのお手伝いをしたいし、自分ももっと追求していきたいから、一緒に進んでいきましょー!!

 

今回の参考記事はこれ。

 

では♪♪