心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

「なぜ魂を成長させなくてはいけないのか?」に対する本氣の回答

f:id:tatsunori-matsuda:20170813141543p:plain

 

 

わたしも昔から、生きることの意味、スピリチュアルなことなど考え続けてきた人間なのですが、いつも疑問に思ってきたことがあります。


人は魂を成長させるためにこの世で色んな経験を積む、というようなことを聞かれたことがあると思いますが、松田さんは、そもそもどうして魂は成長しなければならないものだと思いますか?

 

 

もしかしたらとんでもない質問してしまっていたらごめんなさい
でも、昔から、疑問だったのです。


そのままの自分でも良しとするなら、どうして魂を成長させなくてはならないのか?

生きていて幸せ、と感じるだけではなぜ駄目なのでしょう?

人は、神様に近づくように修行をしているのでしょうか…?

 

この辺り、もしご意見などあればお聞かせいただけたら嬉しいです❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はいーーーーーーー!!!!

ついに来ました!!!

 

 

ヤバめの質問。笑

 

 

 

そして、この分野こそ、

 

 

僕の本領発揮です。笑

 

 

大好きな分野です。笑

 

 

てことで、テンション高めで答えていきまーす!!

 

 

 

 

今回の質問は要約すると、

 

 

なんで魂を成長させなきゃいけないの?

幸せならそれでいーじゃん!!

 

 

ってことになると思うんだけど、 

まー、一言で言えば、

 

 

魂を成長させなくてもいいです。笑

 

でも、自分らしく生きることを

追求すると、結果として成長するよ。

 

 

という感じ。

 

自分が望むように生きたらいいから、

全てOKなんだよね。

 

回答は以上です。笑

 

 

 

 

 

 

 

と、フツーの人用の回答は

そんな感じなんですが、

 

それじゃ納得できない

真理を探求したがる

ヤバめの人種がいるので、笑

(僕のように。笑)

 

今回はそこらへんの

人に向けた本気の

解説をしたいと思います。爆

 

 

 

 

 

今回の質問を真理の視点から捉えてみると、

 

なぜ春になると植物は

成長するんですか?

 

なぜ成長期になると

体は大きくなるのですか?

 

なぜ日中になると

氣温は上がるんですか?

 

と聞いているようなもの。

つまり、回答は

 

 

そういうタイミングだから

 

 

となります。

どういうことかと言うと、

 

この世の全ては

回転運動をしているから

 

です。

 

(正確には螺旋運動で、同じところを

ぐるぐる回っているように見えて、

少しずつ上昇したり下降したりしています)

 

 

いきなり難しくなったよね。爆

 

 

一個ずつ説明していくね。笑

さっき挙げた例えで言うと、

 

 

季節は、「春」「夏」「秋」「冬」を、

生命は、「誕生」「成長」「成熟」「衰退」を、

1日は、「朝」「昼」「夕」「夜」を、

 

 

ずっとぐるぐる

回っています。

 

もっと言えば、

 

僕たちの世界を構築している「原子」は

「原子核」の周りを「電子」が回っています。

 

「月」は「地球」の周りをぐるぐる回っています。

 

「地球」は「太陽」の周りをぐるぐる回っています。

 

「太陽」は「銀河系の中心」の周りをぐるぐる回っています。

(よく宇宙の写真で見る銀河の綺麗な写真!)

 

 

何となくいろんなものが

回転運動をしてることを

感じてもらえればOK!

 

 

で、さっきの例えに戻ると、

 

季節は、地球が太陽の周りを

公転しているから起きる現象

 

なわけだよね。

だから、

 

春になるとなぜ

植物が育つか?

 

と言われても、

 

そういうタイミングだから

 

としか答えられない。

もちろん、細かな要因を言えば、

 

植物の成長に適した氣温だとか

日照時間がどうとか、

 

いろいろあるんだろうけど、

どれだけ詳しく言っても、

 

植物の成長に適した

タイミングだから

 

ぐらいしか言えないわけだ。

 

 

成長期になるとなぜ

体が大きくなるか?

 

も同じで、

 

そういうタイミングだから

 

としか答えられない。

これも厳密に言えば、

 

成長ホルモンが活発に機能するとか、

DNAに設計されているからとか、

 

いろいろあるのかもしれないけど、

全部ひっくるめても、

 

体が成長するのに適した

タイミングだから

 

としか言えないわけですよ。笑

 

 

日中になったらなぜ

氣温が上がるのか?

 

っていう話もそうで、

日照時間が長いから氣温が上がるとか

太陽の高度が上がるからとか、

 

いろいろあるだろうけど、もう

 

そういうタイミングだから

 

ってことなんだよね。笑

 

 

 

で!!!

 

この話がどう魂の成長に

つながるのか?

 

って話なんだけど。笑

 

 

ここからさらに話がぶっ飛んでいくので、

頑張ってついてきてね。笑

 

この時点で興味がない人は

今回の記事は読まなくていいよ。笑

 

 

 

さっき「太陽」は「銀河系の中心」の

周りを回ってる、って書いたけど、

 

1周するのに

 

約26,000年

(正確には25,920年)

 

かかるのね。

で、この周期の中で、

 

「分離」と「統合」

 

を体験している。

 

 

季節で言えば、

 

最も氣温が高くなる「夏」

最も気温が低くなる「冬」

 

365日で体験するのと同じ。

 

 

生命で言えば、

 

最も躍動的になる「生」

最も静寂的になる「死」

 

を一生で体験するのと同じ。

 

 

1日で言えば、

 

最も氣温が高くなる「日中」

最も氣温が低くなる「深夜」

 

を24時間で体験するのと同じ。

 

 

そんで、この

 

26,000年の周期の中で体験する

「分離」と「統合」ってなんだ?

 

っていう話なんだけど、

 

 

分離の究極系は

「私はひとり」です。

 

つまり「孤独体験」です。

 

 

統合の究極系は

「みんなはひとつ」です。

 

つまり「ワンネス体験」です。

 

(「ワンネス」っていうのは、

魂や意識の深い部分で、生命は全て

つながっているっていう考え方だよ)

 

 

で、僕たちは今26,000年の周期の

「分離」と「統合」のちょうど真ん中あたりにいて、

 

これからどんどん「統合」の

時代へと流れていきます。

 

 

一説では2012年が、

分離のエネルギーと統合のエネルギーが

半々になるタイミングと言われています。

 

 

まー難しいことは置いといて!!

 

 

今はちょうど春の真ん中あたりで、

これからどんどん暑く

なっていきますよ!!

 

ってことです。笑

 

 

で、

 

そういうタイミングだから

 

今の地球には

「統合のエネルギー」が

どんどん降り注いでいます。

 

 

いやー、どんどん話が

怪しくなってくるね!!笑

楽しくなってきた!!!笑

 

 

どういうことかと言うと、

 

統合のエネルギーとは、

愛のエネルギーです。

 

分離のエネルギーとは、

怖れのエネルギーです。

 

 

「統合」とは、

 

ありのままの自分を愛する

波動が上がる

つながる

協力する

受け入れあう

多様性を認める

肯定する

癒す

赦す

 

ということです。

 

「自分」も「相手」もひとつでつながっているから、

傷つけたり否定したりせず尊重するんだよね。

 

 

「分離」とは、

 

ありのままの自分を否定する

波動が下がる

断絶する

敵視する

排除し合う

多様性を認めない

否定する

傷つける

攻撃する

 

ということです。

 

「自分」と「相手」はバラバラでつながっていないから、

相手を敵にして、争ったり支配してしまうんだよね。

 

 

つまり、このブログでいつも伝えてる、

 

自然体の自分を生きる

やりたいことをやる

やりたくないことをやめる

 

というのも、 

 

「統合」の道を進んでる

 

ということになります。

 

 

ここまでオッケー?笑

ドゥーユーアンダスタンッ??

 

 

で、この統合がどんどん進んでいくと、

 

 

この世界は全て自分だった!!

 

 

という奇妙な感覚になります。笑

(ちなみに僕はまだ体験したことはないよ。笑)

 

これを、宗教やスピリチュアルな世界では、

 

悟り

覚醒

涅槃(ねはん)

アセンション

ワンネス体験

解脱

 

などと呼んでいます。

この状態になると、

 

敵はどこにもいなかった

 

ことが腑に落ちてわかります。

(ちなみに僕はまだ体験したことないよ。笑)

 

 

全ての人が、

 

自分のやりたいことをやっていて、

争いや苦しみでさえ、

自らの魂が体験したくて望んで

クリエイションしている

 

ことがわかります。

こう言うと、

 

争いや苦しみなんて

望んでない!!

 

と誰もが言うと思うけど、笑

深ーーーーい意識では、

 

争いや苦しいの先にある

喜びや感動を望んでいる

 

んだよね。

 

 

イメージしやすいのは、

物語やゲームやスポーツ。

 

一回も挫折や失敗がなく、

そのまま成功したら、

何も嬉しくないでしょ?笑

 

 

一瞬で好きな人と両思いになるラブストーリー

最初の一撃でラスボスが倒せるゲーム

全く苦しむことなく手に入れた金メダル

 

こんなものに

興味ないでしょ?笑

 

 

自分らしい人生を生きたい!

楽しい人生を生きたい!

 

って人はこのブログの読者にも

多いと思うけど、

 

自分らしくない体験

楽しくなかった体験

 

があったからこそ、

 

実現したときの

喜びが際立つ

 

わけだよね。

 

 

だから、人はわざわざ

苦しみや痛みをクリエイションして、

 

自分の人生を楽しんでる

 

わけなんだよ。

 

 

これが腑に落ちると、

 

人を救ってあげなきゃ!

この人かわいそうだから!

争いを止めなきゃ!

人を変えなければ!

 

という

 

動機が消えます。

 

ただシンプルに

 

この人生は全ての人にとって、

体験を楽しむためにあり、

自分も好きなことを突き詰めればいい

 

ということが肚でわかるので、

 

全てのスタートが純粋な

動機からになります。

 

なぜなら、この世界には、

 

しなければならないことは

ひとつもないから

 

です。

 

 

この悟りやワンネス体験と呼ばれる

統合の状態を目指すことを

 

魂の修行

 

と宗教やスピリチュアルな世界では

言われています。

 

ちなみに「神様」と呼ばれる存在は、

この悟りやワンネス体験の延長線上で、

 

体を持って転生することをやめた

エネルギーの生命体のようなイメージです。

 

(厳密には神様にも経験値や性質の違いによって、

いろんな階層や管轄があります)

 

 

 

ということで、随分長くなったので

そろそろまとめに入りますが!!

 

なぜ魂を成長を成長させなければいけないのか?

幸せならいいんじゃないのか?

 

の回答は、

 

魂を成長させなくてもいいです。

 

でも、

 

今は26,000年周期の中の

統合のエネルギーが増える

タイミングに入ってるから、

 

自然と魂の成長を

求める人が増えてくるよ。

 

です!!

 

 

質問者さんの文章を読んでると、

魂を成長させることは苦行のように

感じてるみたいだけど、

 

魂を成長させる、っていうのは、

 

いかに怖れや執着を乗り越えて、

自分らしく生きるか?

 

ということなので、

めちゃめちゃ楽しいことだよ。^^

 

「嫌なことでも我慢して善行を積む」

 

みたいなものだと勘違いしないでね。

 

 

 

ここまで読んだアナタは

僕と同じく「ヤバめの人種」です。

 

お疲れ様でした。笑

 

 

スピリチュアルな質問もガンガン答えていくよ!!

聞きたいことがある人はLINE@から質問してね。^^

 

友だち追加

 

いやー、それにしても

本氣出したわ〜。笑