心の声に従うブログ

「引き寄せの法則」を徹底解説

「つまらない」を「楽しい」に変える方法

f:id:tatsunori-matsuda:20201108193642j:plain

(近くの公園。紅葉がめっちゃ綺麗〜〜〜〜!!)

 

昨日も書いたんだけど、

最近、改めて「状態を整える」ことを

徹底してやっていて、

 

幸福度も仕事のパフォーマンスも

目に見えて上がっているのを感じてます。

 

 

超氣持ちいいいいい!!

 

 

失礼。あまりに好調で思わず

声が漏れてしまったよ。

 

 

ということで、今日は、

 

「つまらないこと」を「楽しくする」ためには?

 

というテーマについて話していきます。

 

この前、以下の記事で、

 

「つまらないこと」は

「やらされていること」

 

「楽しいこと」は

「自らやっていること」

 

っていう話をしたんだけど、

(詳しくは読んでみて)

 

t-matsuda.hatenablog.com

 

つまり、もし今楽しくないとしたら、

 

自分の人生を

自分で決めて選んでいる

 

んじゃなくて、

 

自分の人生を

何かに決められて生きている

 

ということになる。

 

 

誰だってそうだけど、

やらされるのも、強制されるのも

楽しくないじゃん?

 

だけど、多くの人が、

 

両親の目や、お金や、常識や、

他人の目や、誰かの評価や、

パートナーの顔色や、

 

「自分以外の何か」によって

自分の人生を決めている

 

と思っていて。

 

自分以外の何かによって、

やりたくもないことをやらされ、

本当は望んでないことを

強制されている(ことを自ら選んでいる)

 

 

だから、楽しくない。

 

 

親には頼れないから、

親の介護があるから、

生活していけないから、

金銭的に厳しいから、

友達に嫌われたくないから、

旦那さんとケンカしたくないから、

嫌われたくないから、

恥ずかしい想いをしたくないから、

変な人と思われたくないから、

怒られたくないから、

失望されたくないから、

 

だから、本当は

やりたくないことを

仕方なくやっている。

 

これはどうすることも

できなくて仕方のない

ことなんだ。

 

と、

 

「自分以外の何か」によって

自分の人生を決めている

 

 

そりゃあ、楽しくない。

 

 

人生が楽しいのはその真逆で、

自分で自分の人生を決めているときで、

 

あらゆる選択肢の中から、

自ら選びたいものを選んでいるとき

 

もっと言うと、

 

やらなくても

いいことを

やってるとき

 

だ。

 

 

別にやらなくてもよくて、

やる必要が全くないことを、

わざわざやってるわけだから、

 

人は無駄なことを

やってるときが楽しい

 

と言ってもいいかもしれない。

 

 

僕もブログ書くのが好きだけど、

こんなのやらなくてもいいわけだし、

温泉だって好きだけど、

別に家のお風呂でもいいはずw

 

そういう意味では、

ブログも温泉も無駄だ。笑

 

(もちろん、その無駄なことを

楽しんでやっていくと

自分もどんどん楽しくなるし、

誰かの役に立ったりして、

結果的に無駄なことではなくなるけど!)

 

 

で、ここからが今日の本題で、

 

「つまらないこと」を

「楽しくする」ためには

どうすればいいか?

 

というところなんだけど、

今の自分の人生の選択を

ひとつひとつ振り返っていって、

(仕事とか住んでる場所とか)

 

「やってもやらなくても

どっちでもいいとしても

『それ』を選びたいか?」

 

を丁寧に感じていって、

 

それでもやりたいことは続ければいいし

そうじゃないことは再選択すること

 

だと思う。

 

 

仕事にしても、パートナーにしても、

人間関係にして、経済状況にしても、

いきなり全部を自分の理想に変えることは

難しいかもしれないけど、

 

だからといって無理だとあきらめて

「自分以外の何かに決められる人生」を

生きるのではなく、

 

「理想に向かって歩むこと」は自ら選べる。

 

これだって、立派に、

 

自分の人生を

自分で決めて選んでいる状態

 

だ。

 

 

とにかく大事なのは、

 

どんな選択をするにしても、

「選ばされている」のではなく、

「自ら選んでいる」という状態を作ること。

 

なぜなら、

 

「何をやっているか」よりも、

「それを自ら選んでいるかどうか」の方が

よっぽど大きな影響を与える

 

から。

 

 

もちろん、自ら選んでやってみても、

やってみたらあんまり楽しくなかった、

むしろ苦しかったw

ってこともあると思うけど、

 

自分で選んでやっていくと、

何が楽しくて、何が楽しくないのかが

どんどん自分が分かってくるようになる。

 

つまり、自分をどう扱えばいいのか、

「自分取扱説明書」が充実していくんだよね。

(「自分取扱説明書」についてはこっち)

 

そうすると、自分で主体的に

人生を選択する回数が増えれば増えるほど、

自分が何に喜びを感じるか、が明確になって、

どんどん人生が楽しい方に向かっていく。

 

 

反対に、

 

「何かに人生を選ばされているとき」

 

は苦しみばかりが募っていって、

 

「自分が何に喜びを感じるか?」

 

が全然分からない状態になってしまう。

 

 

まとめると、

一つひとつの選択に自覚的になって、

 

「本当にそれを選びたいかどうか?」

 

を常に繊細に感じてみて、

 

本当に選びたい方を

自ら選んでいく

 

こと。

 

もし、楽しくないと感じるのなら、

何かに選ばされていないか振り返ってみること。

 

 

選択に自覚的になればなるほど、

どっちを選んでもいいんだと思れば思えるほど、

やらなくてもいい上でやりたい方を選べれば選べるほど、

 

人生から「つまらないこと」が

消えていき「楽しいこと」

ばかりになっていく。

 

すべては、自分で選べる。

 

そこからスタートしてみよう。^^

 

 

オンラインサロンでは、月額800円で

豪華コンテンツを配信中。

www.versejourneyproject.com

 

LINE@でも心の声に従う

生き方について発信しています。

 

友だち追加

(ID:@dgx0086v)

 

今なら特別音声、

「自分らしい人生を生きるたった1つのコツ」

もプレゼント中✨

 

【現在提供中のコンテンツ】

詳細はこちらからどうぞ。

完全無料で学べるプログラムもあるよ。