心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

女性が「仕事」を頑張ると「家庭」がうまくいかなくなるときってこれ。

f:id:tatsunori-matsuda:20170912165558p:plain

f:id:tatsunori-matsuda:20170912165616p:plain

 

いま気になっていることがあります。

 

私と旦那は、小6からの同級生で、なにかと気があうというか、お互い考えてることが偶然一致することが多いです。

晩御飯のおかず買ってくるものが同じとか。

 

でも、私が仕事中心の生活をすると、途端にそれが消えて、相手とのすれ違いが多くなります。

 

そろそろ、自分が志していた仕事をしていこうと思ってブログなどを始めていますが、そのモードに入ると、母親や妻としての自分が消えて、家族とのコミュニケーションがうまくいかなくなります。

 

自分のしたいことをしているのに、なんだか本当に大切なものが消えていく気がして、踏ん切りがつきません。

 

なんででしょう?

こんなにも明らかに変わるものなんでしょうか?

 

なんかスピリチャルじみていて、他の方にはなかなか通じない話のような気がします。笑

松田さん、解説してもらえませんか?😳😳

 

 

 

 

 

 

 

 

お〜〜〜〜〜〜〜。

来たね〜〜〜〜笑

 

 

 

これは2つの切り口で

回答していきたいと思います♪♪

 

 

まず、現実的な切り口から。

 

これはパートナーシップでよくあることで、

特に女性に起こりやすい現象です。

 

何かやりたいことを始めるときに

家庭とうまくバランスが取れない

パートナーとの関係でトラブルが起きる

 

こういうときは、

 

お互いに相手に

言えていない

不満や本音がある

 

ときが多いです。

 

 

今回の場合で言うと、

 

質問者さんが仕事モードになるのを

旦那さんはあんまり嬉しく思っていない

 

可能性が高いです。

 

家庭や子どもを持っている女性は、

旦那さんの協力なしにやりたいことを

仕事にするのは大変です。

(男性と比べて)

 

なので、

自分がやりたいことについて、

旦那さんにも理解してもらって

力を貸してもらう必要があります。

 

 

仕事モードになると

急にすれ違いが増える

 

というのは、

 

旦那さんが心から

応援していないから

 

です。

 

 

じゃあ、なんで応援していないかと言うと、

いろんな理由があって、例えば、

 

寂しい、かまってもらえない、癒されたい

ピリピリしてるのが嫌

自分が男として否定されてる氣がする

仕事より家庭のことをしてほしい

単純に何してるかよく知らない

 

とかです。

じゃあ、どうしてそうなっているかと言うと、

 

旦那さんに理解や協力を求めていない

旦那さんに対して言えていない不満がある

旦那さんをジャッジしてる

自分から壁を作ってる

 

とかです。

 

 

「やりたいことをやっていく」に当たって、旦那さんに、

 

「もっとこうしてほしい!」

 

という本音があるはず。

それを話し合うことが大事です。

 

旦那さんは旦那さんで、

 

「もっとこうしてほしい!」

 

があるはずで、それをお互い言い合うことで

なんらかの結論が出るはず。

 

ケンカになったりもするけど、

本音を言い合うことが大事で、

 

そうやってより深い本音を言い合うことで、

信頼関係も築かれていきます。

 

これは逆に言えば、

 

より強固な信頼関係

お互いがより本音でいられる関係

 

を作るタイミングに進んだとも言えます。

 

 

 

これをスピリチュアルな視点から見てみると、

 

仕事モードになったときに

周波数(波動)が変わったから

すれ違いが起きている

 

となります。

 

例えば、

 

別々に暮らしてる双子の兄弟が

偶然同じタイミングで髪を染めたり、

(そんなのをこの前モニタリングでやってた笑)

 

価値観や思想が似ている仲間やパートナーが

同じことを同じタイミングで思いついたり、

(俗に言うシンクロ。今回の質問者さんもこれ)

 

長年一緒に暮らしてる夫婦や特別結びつきの強い人が

事故や不幸にあったときにそれを直観で感じたり、

(「虫の知らせ」とかもそう)

 

こういうのは全て、

 

周波数が同じ

 

ときに起きる現象です。

 

 

「インスピレーション」や

「思いつき」というのは、

 

個人の心の中で生まれるものではなく、

目に見えない領域にあるものを

キャッチしていている現象

 

なんですよね。

 

イメージとしては、

テレビやラジオがわかりやすくて、

 

目に見えないけど

電波は飛んでいて、

周波数(チャンネル)を

調整すると受信できる

 

という感じ。

つまり、周波数が同じであれば、

 

複数の人が同時に、同じ

インスピレーションを受け取る

 

ということになります。

 

 

だから、

 

双子

長年一緒に暮らしてるパートナー

価値観が似ている人

 

は、別々の場所にいても同じことを同時に

感じることがよくあります。

 

 

よくあるよね、誰かの話を聞いてて、

 

「それ私も最近感じてて

同じことしてたの〜!!」

 

っていうシンクロに興奮してる光景。笑

 

 

で、今回の場合もそうなんだけど、

 

「母」

「妻」

「仕事」

 

では、周波数(エネルギー)が変わります。

 

「モードが違う」とか「スイッチが入る」

という表現だとわかりやすいよね。

 

 

よくアーティストや芸人が

 

テレビやステージでは

カッコイイ(おもしろい)けど

プライベートでは微妙

 

みたいな話があるけど、

あれも周波数(エネルギー)が変わるからです。

 

周波数が変われば、

受け取る情報や感覚が違ってくるので、

物理的にいろんなことが

共有できなくなっていきます。

 

だから、周波数が違う人とは、

長く一緒にいれないですし、

深い関係になることもありません。

 

ヤンキーとガリ勉くんは感じてることも

関心を持つものも全然違うので、

お互い興味を持たない、というのと同じです。

 

 

つまり、今回の場合は、

 

ずっと一緒にいて深く

理解しているはずの妻が

自分の知らない妻に

変わりそうで怖い

 

とも見れます。

 

もちろん、お互い本音で

話し合うことで解決できます。

 

 

パートナーシップにおいて、

どんな違いがあっても、

それは別れる原因にはならず、

 

「一緒にいたい」

 

という氣持ちや愛がある限り

必ず調和することができます。

 

逆を言えば、その氣持ちがなくなってしまったら、

どれだけ重なる部分があっても一緒にいれない、

ということです。

 

 

ということで、今回は2つの

切り口で回答してみました〜!

 

質問はLINE@から送ってね。^^

 

友だち追加

 

それでは。