心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

「存在の否定」と「方法の否定」の話

f:id:tatsunori-matsuda:20170827201012j:plain

(この枕かわいい)

 

 

物事を成功させる「否定」

物事を失敗させる「否定」

 

物事を成功させる「肯定」

物事を失敗させる「肯定」

 

 

今日は「否定」と「肯定」のお話です♪♪

 

 

よく見かける光景で、

 

「そんなんじゃうまくいかないよ。

もっとこうした方がいいよ」

 

的な否定をされて、

 

「ああ、やっぱり私ってダメなんだ。

うまくいかないんだ。ずーん」

 

ってなるパターンや、

 

「あなたはそのままで大丈夫だよ」

 

って肯定されて、

 

「そっかこのままでいいのかぁ」

 

って受け止めて現状が何も変わらない

っていうパターンはよく見ると思う。笑

 

 

こういう光景を見てて、

 

あー、またすれ違いが起きてるな

 

って思うので、今日は「否定」と「肯定」に

ついて書きたいと思います♪♪

 

 

世の中でひとくくりにされてる

「否定」や「肯定」だけど、

 

実は同じように使っていても

意味や指してるものが全く違っている、

ということがよくある。

 

 

どういうことかと言うと、

否定や肯定には、

 

「存在」の否定・肯定

「方法」の否定・肯定

 

の2種類があるからです。

 

 

「存在の否定」っていうのは、

 

お前は、何の価値もないよ

お前は、何の可能性ないよ

お前は、何やっても無駄だよ

お前は、何の才能もないよ

お前は、何の魅力もないよ

お前は、何やってもうまくいかないよ

 

という

 

「人の存在そのもの」を

全否定すること

 

です。

 

 

「存在の肯定」はその逆で、

 

あなたには、そのままで価値があるよ

あなたには、無限の可能性があるよ

あなたには、何でも自由にできるよ

あなたには、素晴らしい才能があるよ

あなたには、素敵な魅力があるよ

あなたは、何があっても大丈夫だよ

 

という

 

「人の存在そのもの」を

全肯定すること

 

です。

 

 

対する「方法の否定」は、

 

その方法じゃ、価値はない

その方法じゃ、可能性はない

その方法じゃ、どれだけやっても無駄

その方法じゃ、才能が活かされない

その方法じゃ、魅力が発揮されない

その方法じゃ、うまくいかない

 

という

 

「目的を達成するための方法」を否定すること

 

です。

 

 

「方法の肯定」はその逆で、

 

その方法なら、価値がある

その方法なら、可能性がある

その方法なら、結果が出る

その方法なら、才能が活かされる

その方法なら、魅力が発揮される

その方法なら、うまくいく

 

という

 

「目的を達成するための方法」を肯定すること

 

です。

 

 

この記事では、

 

「存在の否定・肯定」を赤字で

「方法の否定・肯定」を青字で

 

表現しているから意識して読むと

わかりやすいと思う。

 

 

例えをあげると、

もしあなたがビジネスをするとして、

 

好きなビジネスをやっていいんだよ

ビジネスをしてもしなくてもいいんだよ

好きな表現をしていいんだよ

何回失敗してもいいんだよ

ビジネスしてもしなくても価値があるよ

 

というのが、「存在の肯定」です。

(この逆が「存在の否定」ね)

 

 

で、その肯定の上で、

 

お金を稼ぎたい

ファンを増やしたい

継続的な仕組みを作りたい

 

などの「目的」が加わると、

 

方法論に正解・不正解が生まれます。

(逆を言えば、「目的が決まったときのみ」否定が生まれます)

 

そこで初めて、

 

その方法では、商品が売れない

その方法では、稼げない

その方法では、魅力が伝わらない

その方法では、ファンができない

その方法では、集客ができない

 

という、「方法の否定」が生まれます。

 

 

ここで注意したいのは、

 

ここでの否定は、

 

目的のための手段を

否定しているだけ

 

であり、

あなたに

 

才能がないとか

魅力がないとか

価値がないとか

 

存在自体を否定して

いるわけではない

 

ということです。

 

 

ここを履き違えると、

冒頭のよくある光景みたいに、

 

方法を否定されただけなのに、

存在を否定された氣になって

落ち込んでしまったり、

 

励ましで存在を肯定されたのに

方法を肯定されたと思って

何も現状を改善しない

 

というすれ違いが起こります。笑

 

 

超簡単に言えば、

旅に出るとして、

 

旅先も自由だし、

交通手段も自由だし、

誰と行くかも自由だけど、

 

「旅先」や「旅の目的」「旅の期間」を決めれば、

 

方向にも

交通手段にも

誰と行くかにも

 

正解不正解が生まれる

 

ということ。

 

 

どこに旅に出ようが自由だけど、

もし、仕事の視察で東京から北海道に

2泊3日で行くのだとしたら、

 

大阪行きの新幹線に乗ったり、

交通手段に自転車を選んだり、

遊び友達を連れて行ったりするのは、

 

明らかな間違い

(方法が間違っている)

 

だよね。笑

 

 

でもそれは、

 

大阪に行くことが悪いわけでもなく、

自転車で旅に出るのが悪いわけでもなく、

遊び友達と旅行するのが悪いわけでもない

(存在を否定しているわけではない)

 

ってこと。

 

 

だから、

何かを否定したり肯定するときや

誰かから否定されたり肯定されたときは、

 

それが、

 

「存在の否定・肯定」なのか

「方法の否定・肯定」なのかを

 

見極めるといいね。

 

 

よくあるのは、

ビジネスや情報発信で

 

集客がうまくいかない

ファンが増えない

商品が売れない

稼げない

 

という状態で、

 

私には才能がない

私には魅力がない

私には価値がない

 

と存在を否定してしまって

やめちゃうパターン。

 

これは、単に「方法」が

間違ってる場合が大半です。笑

 

(ここでの「方法」は自分と向き合うなどの

内面的なアプローチも含むよ)

 

 

すべての人に、

 

その人だけの価値

その人だけの才能

その人だけの魅力

 

があるので、

それを活かす適切なアプローチが

取れていないだけということが多いです。

 

 

 

で!!

ここからが超いい話なんだけど!笑

 

 

どんな分野でも物事を

成功させるためには、

 

存在は肯定し続けて、

方法は否定し続ける

 

と成功しやすいです。

 

 

どういうことかと言うと、

 

人は、存在が否定されると、

怖れに支配され、

行動できなくなります。

 

自分には価値がない

自分は愛されていない

自分にはできない

自分は必要とされていない

自分には才能がない

自分には魅力がない

 

となって、動けなくなります。

 

でも、こういった怖れや無価値感は

心が生み出した分離意識によるもので、

基本的には、幻想です。

 

自作自演です。笑

 

心が不安から被害妄想を

広げているだけです。笑

 

だから、そういうときは

コンディショニングの奥義を使って、

コンディションを整えてください。笑

 

 

で、反対に存在が肯定されているときは

コンディションが良いときなので

 

やりたいことにどんどんチャレンジできます。

ジャッジも減り、周囲の目も気にならなくなります。

 

 

そして、いざやりたいことをやるとき、

目指すビジョンや成果があるとき、

 

方法は常に否定し続けるといいです。

 

これは、言い換えれば

 

試行錯誤

 

とも言えます。

 

どうすれば目的を達成できるのか、

その最適なアプローチを常に探っていく感じ。

 

イメージとしては、スポーツの世界のようなもの。

 

スポーツの世界は、

 

どうすれば相手に勝てるのか?

最大限の得点を取れるのか?

最高の記録が出るのか?

常にその方法やアプローチを否定し続けて

新しい方法を生み出してきた世界。

 

 

そんな感じで、

 

存在を肯定し続けて

方法を否定し続けると

物事はうまく行きやすいです

 

 

そのためには、

 

「自分が情熱を注げるやりたいことをやる」

 

っていうのが一番大事だと思う。

 

 

今日はこのへんで♪♪

質問はLINE@からしてね。

 

友だち追加

 

それでは。