心の声に従うブログ

心の声の人 たっつん

「自分らしさ」の見つけ方

f:id:tatsunori-matsuda:20170713114652j:plain

 

 

他人を見て、立ち戻るべきは

「自分自身」だな〜、と思う。

 

たくさんの魅力的な人がいて、

たくさんの才能ある人がいて、

たくさんの光り輝く人がいる。

 

その人たちが伝えてくれているメッセージは、

 

 

「あなたも同じようにやれるよ」

 

 

ということ。

 

それは、その人と同じような

魅力や、才能や、輝きを発揮することではなく、

 

 

あなたも同じように、

 

『自分だけの魅力』

『自分だけの才能』

『自分だけの輝き』

 

を発揮することができるよ。

 

 

ということ。

 

素敵な人を見て、影響されるのもいい。

かっこいい人を見て、ああなりたいと真似するのもいい。

憧れの人を見て、徹底的に学ぶのもいい。

 

だけど、

 

 

最終的には、

すべて自分なんだ

 

 

ということを忘れないことが大事。

これを忘れると、何をやってもいつまでたっても、

 

自分だけの才能

自分だけの魅力

自分だけの輝き

 

が発揮されない。

 

 

 

僕たち人間は奇跡的なほどに、それぞれが違う。

地球上の70億人すべてが、全員それぞれ違う。

 

国籍も、外見も、家族も、年齢も、

人間関係も、価値観も、才能も、

魅力も、喜びも、使命も、

あらゆるものが物理的に違う。

 

なんだったら、人類史すべてを遡っても、

全く同じ人間は誰ひとりいないだろう。

 

 

これだけ徹底的に違っているのだから、僕たちは、

 

絶対他人にはなれない

自分がなれるのは自分だけ

 

だと言っても間違いはないはず。

 

 

だから、他人を見て振り返るべきは、

 

自分

 

しかない。

 

 

 

他人を見て批判するだとか、

他人と比べて落ち込むだとか、

他人を羨むだとか、

他人を憎むだとか、

 

そんな必要は何もなくて、

 

ただ自分自身が何者か?

 

を知る鏡にするといいと思う。

 

 

 

自分は何に喜びを感じるのか?

自分はどんな才能があるのか?

自分はどんな魅力があるのか?

自分にはどんな力があるのか?

自分は何を大事にしたいのか?

自分は誰と一緒に生きたいのか?

自分はどんな価値観を持っているのか?

 

他人と自分をフラットに比べて、

ひたすら自分を知る道具にすればいい。

 

 

あらゆる宗教や神話で古くから

語り続けられる言葉がある。

 

それは、

 

 

汝自身を知れ

 

 

という言葉。

 

 

 

自分は何に喜びを感じるのか?

自分はどんな才能があるのか?

自分はどんな魅力があるのか?

自分にはどんな力があるのか?

自分は何を大事にしたいのか?

自分は誰と一緒に生きたいのか?

自分はどんな価値観を持っているのか?

 

 

自分を知れば知るほど、

 

ありのまま

自分らしく

自然体

 

で生きることができる。

そして、自分が

 

どうやって生きたいのか

何をしたいのか

 

が自然と見えてくる。

 

 

そのときに初めて、

 

『自分だけの魅力』

『自分だけの才能』

『自分だけの輝き』

 

が発揮できるようになっていくんだよね。

 

 

 

いい意味で人と比べて、

自分を知る手がかりにしていこう。^^

 

 

 

LINE@でもメッセージを好評配信中。^^

質問やリクエストにもお答えしています。

より自分らしく、自然調和的にステージを上げたい方はぜひ友達追加を♪♪

 

友だち追加