Truth Fragments

真理のカケラ

ワクワクを生きるってこういうこと。

f:id:tatsunori-matsuda:20170626172857j:plain

 

人はいつでも「今、ここ」に集中して幸せを感じることができる。

だから、毎瞬毎瞬ワクワクを選択することが大事。

 

苦しみを感じるのであれば、何かがずれている。

 

心に嘘をついて「ワクワクを選択していない」のか、

それとも「ワクワクを感じる心が失われている」のか。

 

 

ワクワクとは、

 

単なる興奮やテンションが上がるもの(アドレナリン系)ではない。

静けさや穏やかさを伴う湧き上がる至福(セロトニン系)である。

 

「Exciting(興奮)」でもなく、

「Happiness(幸福)」でもなく、

「Ecstasy(恍惚)」でもなく、

 

「Bliss(至福)」である。

 

それは、自分の中にある真実に耳を傾け、それに従うということ。

 

 

毎瞬毎瞬ワクワクを選ぶことで、

「今、ここ」に集中できるようになっていく。


子どもが遊びに夢中になるように。

時間が経つのを忘れてしまうように。
 
 
「今、ここ」を感じるということは、

後悔も心配もしないということ。

 

「今、ここ」を感じられないということは、

後悔や心配で頭がいっぱいだということ。
 
 
後悔・罪悪感とは、過去の自分を

「今」ジャッジすることで起こる苦しみ。

 

「約束通りできなかった自分はダメだ」

「期待に応えられなかった自分はダメだ」

 

 

不安・心配とは、未来の自分を

「今」ジャッジすることで起こる苦しみ

 

「もし、お金がなくなってしまったら自分はもうダメだ」

「もし、親の言うことに逆らったらキレられてしまう」

 

 

つまり、

 

「今」ジャッジを手放せば、後悔や罪悪感は消える。

「今」ジャッジを手放せば、不安や心配は消える。

 

「今」ジャッジを手放せば、苦しみは消え「今、ここ」を生きることができる。

「今」ジャッジを手放せば、ワクワクを選択することができる。

 

 

ジャッジとは、

 

「惨め」

「恥ずかしい」

「カッコ悪い」

「ダサい」

「かわいそう」

「見捨てられる」

「見下される」

 

といった状態を否定すること。

バツをつけること。

 

 

結論。

 

ワクワクを選択できないのは、自分か他人をジャッジしてるから。

ワクワクを選択できないときはこう聞こう。

 

 

「私は何をジャッジしているから、ワクワクを選べないのだろう?」

 

 

ジャッジを手放せば手放すほど、ワクワクに生きることができるようになる。

 

 

 

LINE@でもメッセージを好評配信中。^^

質問やリクエストにもお答えしています。

より自分らしく、自然調和的にステージを上げたい方はぜひ友達追加を♪♪

 

友だち追加