Truth Fragments

真理のカケラ

弱さがあるからこそ、愛される。

 

f:id:tatsunori-matsuda:20170603134937j:plain

 

 

最近、いろんな人に会って思うことなんだけど、

 

「弱さ」や「できないこと」は人生にたくさんの喜びを与えてくれるな、って思う。

 

弱くなれる人は強いなって思うし、できなくなっていける人はとても愛される。

 

 

一般的には「強くなること」や「できること」が増えた方が人生を生きやすくて、なんでも実現していける気がするんだけど、

 

そういう人たちはとても頼りになるんだけれど、

 

周りから見ると、少し「完全」「完璧」に見えてしまう。

 

 

何があっても負けなくて、自分で立ち上がって、自分で切り開いて、自分でどんどんやりたいことを実現していったり。

 

そういう人はきっと頑張り屋で、なんでも自分でやろうとして、いろんなことにチャレンジして、いろんなことを学んで、吸収して、ある程度なんでもできてしまう。

 

 

そういう人も素敵だけど、

 

あっけらかんと自分の弱さを晒せる人、できないことを晒せる人はまた別の魅力があると思っていて。

 

 

「弱さ」はその人のことを好きな人にとってはとても大きな魅力で、その人のことを支えたり力になったり、与える嬉しさや喜びを感じさせてくれる。

 

好きな人の力になれることは嬉しいことだと思うし、好きな人の支えになったり、好きな人に喜んでもらえたり、好きな人から感謝されたりするのは大きな喜び。

 

 

だから、「弱さ」や「できないこと」をさらけ出せる人は多くの人から愛される。

 

一人でなんでもできる、完璧そうに見える人は、自分が関われる「隙」のようなものを見つけづらいのかもしれないね。

 

力になりたくても、貢献したくても、自分が何かしなくてもその人は大丈夫そうな気がするから。

 

 

よく、

 

「優秀な社長の元には優秀な部下が育たない」

「できていない社長の元にはなぜか優秀な部下が集まる」

 

なんて言うけど、「弱さ」や「できないこと」がある人は周りから愛されて、優秀な人が集まりやすいんだろう。

 

 

 

もし、今まであなたが何でも頑張って、自分で身につけて、自分でやってきたなら、

 

 

今まで自分の「弱さ」を克服して、「できないこと」を「できる」ように頑張ってきた人なら、

 

 

自分の弱さやできないことをさらけ出せるといいかもね。

 

 

自分一人で何でも頑張る強さは、一見完璧そうに見えるけど、

 

とても張り詰めていて、硬くて、柔軟性がなくて、挫折やショックで折れてしまうから。

 

できない壁にぶつかったとき、頑張ってもできなかったとき、もっとできるようにならなければいけないから。

 

それは、自分の弱さを否定して得ている、強そうに見える「鎧」だから。

 

 

弱さを受け入れられる人、表現できる人は、一見すごそうに見えないけど、

(そもそもすごそうに見える必要ないけど笑)

 

とてもしなやかな強さを持っていて、簡単には折れないんだよね。

 

 

弱さをさらけ出して、それでも受け入れてくれる人と付き合って、できないことはお願いして、

 

受け入れてもらえる喜びを感じて、自分ができないからこそしてもらえる喜びを感じられて、それをめいっぱい表現する。

 

 

だから、一緒にいる人も嬉しいんだよね。

 

 

ずっと一人で戦ってきた人はきっと、できることがたくさんある。

 

その「できること」を少し横に置いといて、

 

「やりたいこと」をやっていくといいかもしれないね。

 

 

できることができなくなっていくことは少し怖いけど、

 

弱さや恥ずかしさをさらけ出すことは勇気がいるけど、

 

 

その先にある愛や喜びはかけがえのない大きなものだと思う。

 

今日はこれ。

 


 

ではまた。

 

 

 

LINE@でもメッセージを好評配信中。^^

質問やリクエストにもお答えしています。

より自分らしく、自然調和的にステージを上げたい方はぜひ友達追加を♪♪

 

友だち追加