読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Piece of Self

f:id:tatsunori-matsuda:20160901034728j:plain

 

 

生きる、ということは、1枚のジグソーパズルを完成させていくプロセスに似ているかもしれません。

生まれる前に使命という1枚の絵を描き、それをバラバラに砕いてこの星に降りてきた。

 

日々の出来事は、何の意味も感じられないものばかりで、

そのひとつひとつの正確な意味を見出すことは、おそらく難しいでしょう。

 

僕たちはまだ何も埋まっていない空白のフレームに毎日ピースを埋めていきます。

僕は今27歳なので、僕のフレームには27年分のピースが埋まっているわけです。

 

すると、あるときぼんやりとジグソーパズルの全体像が見える瞬間があります。

 

なんとなく、「自分はこれをするんだろうな」「これは自分の役割だな」と感じること、わけもなく「これが好き」と思えること、なぜだか心がワクワクすること、

 

それは、自分の深い部分、魂がジグソーパズルの完成図に近いものを感じているから、そう思うのです。

 

人生には無駄な出来事はひとつもありません。

なぜなら、僕たちの目の前で起きる現実は全て魂が創造したもので、ジグソーパズルのピースだからです。

 

たとえ僕たちが自由意志の元にどんな選択をしようとも、魂はそのときどきの僕たちの状態に応じて、ジグソーパズル完成への最短ルートとなるピースを目の前に差し出してくれるのです。

 

だから、たとえ小さなサインを見逃したとしても、僕たちの感性がそれを捉えられなかったとしても、魂は、僕たちに気づくようにサインを送り続けています。より大きな音を奏でて、より強いインパクトを持って。

 

そのサインにいつまでも抵抗していると、ときに魂は大きな痛みや苦しみを連れてきます。

「もう気付かなきゃダメだよ。これ以上はもっと大きな痛みになるよ」と。

 

ですが、ひとつサインを読み解き、次のステージに進むとより大きな愛、純粋な自分に近づいていきます。

それは、ジグソーパズルの完成に向けて一歩前進したことになるからです。

 

ジグソーパズルは本来の自分自身そのものと言い換えてもいいでしょう。

 

つまり、今この瞬間に自分の目の前に起きている現実は、どれだけ痛みや苦しみを伴うものであったとしても、完全で完璧でジグソーパズル完成への最短ルートが示されているのです。

 

それを偶然と呼び嘆くか、自らのテーマと捉え取り組むかは自由です。

どちらを選んだとしても、魂はまた最短ルートを目の前に差し出してくれるからです。

 

ですが、だからと言ってチャンスは無限というわけではありません。

なぜなら、僕たちには肉体があり、この世にいられる時間は有限だからです。

 

どうせここに生まれてきたのなら、人生は喜びが多い方がいいし、存分に自分を表現した方が楽しいでしょう。

 

それも、自由です。

 

せっかくだから、楽しんで生きたいですね。

世界はこんなに美しく、感動に満ちているのですから。