Truth Fragments

真理のカケラ

大丈夫だよ。怖がらなくていいんだよ。

f:id:tatsunori-matsuda:20160828183921j:plain(「おひさまみたいに」イラスト / pon-marsh)

 

本当は、誰もが扉の開け方を知っていて、

だけど、怖くてその一歩を踏み出せないだけなんだ。

 

そんなことしたら、嫌われてしまう。

そんなことしたら、関係が壊れてしまう。

そんなことしたら、なんて言われるかわからない。

そんなことしたら、収入がなくなってしまう。

そんなことしたら、常識はずれで変な目で見られてしまう。

そんなことしたら、期待を裏切ってしまう。

そんなことしたら、愛されなくなってしまう。

そんなことしたら、すべてを失ってしまう。

 

「そんなこと」をしちゃいけないと思っていると、

本当にやりたいことができないんだよ。

心に素直に生きることができないんだよ。

 

本当は、やりたいのに。

本当は、自由にしたいのに。

 

怖いよね、怖いよね。

ずっとそうなることを怖れてきたんだから。

 

でも、本当は、あの人みたいに輝きたい。

活躍したい。愛されたい。成果を出したい。お金を稼ぎたい。

あの人はいいな、ずるい、羨ましい、すごい。

 

そんな風に思うのは、本当は自分もそうしたいけど、怖くて我慢していることを、その人は自由にやってるから。

本当は好き勝手言って、自由に働いて、それで愛されて、お金を受け取りたい。

 

でも、「そんなこと」はできないと思ってる。

 

好き勝手言ったら間違いなく嫌われる、

自由に働いてもどうせお金にならない、

お金が欲しいけどそんなのはなんか恥ずかしい、

 

嫌われるのが怖くて、お金にならないのが怖くて、周囲からどう見られるのかが怖くて、愛されないことが、怖い。

 

 

でも。

 

 

怖いから、今までずっとできなかったことだから、してこなかったことだから、

「それ」をすると全てが変わるんだよ。

 

人生を変えるのは、努力や頑張りじゃない。

努力や頑張りは楽しい結果として、自分がワクワクする結果として、誰かを愛した結果として「努力」や「頑張り」に周囲から見えるだけなんだよ。

 

だから、

 

努力するよりも、勇氣を出そう。

頑張るよりも、今までずっと怖れていた「それ」をやってみよう。

 

きっと、見える景色が一氣に変わるから。

 

ああ、これでも大丈夫なんだ。

 

って、飛び込んでみたら、今まで怖れていた「それ」が幻だったと氣づくから。

 

そして、頭じゃなくて、心と体で「大丈夫」って思えたら、

なんの躊躇もなく「本当はやりたかったこと」に挑戦できるようになるから。

 

大丈夫なんだよ。

 

 

 

LINE@でもメッセージを好評配信中。^^

質問やリクエストにもお答えしています。

より自分らしく、自然調和的にステージを上げたい方はぜひ友達追加を♪♪

 

友だち追加